スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←もうひとつの電源 2012.05.26(土) →準備もラストスパート 2012.05.29(火)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総 索 引 3kaku_s_L.png 2015 春 吉野家築地1号店で50円割引券x2使ってくるツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png 2016 秋 関さば釣ってさばの味噌煮作ってくるツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png 短期ツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「2012 日本(ほぼ)一周ツーリング」
長い長い準備編

テントに換気扇!? 2012.05.28(月)

 ←もうひとつの電源 2012.05.26(土) →準備もラストスパート 2012.05.29(火)
郵便袋
勇者様はふくろのなかをしらべた!

マイファンモバイル送風機
なんと!
『マイファンモバイル送風機』をみつけた!
勇者様はモバイルファン送風機を手に入れた!



また買ってしまいました。
これで扇風機3個目です。
1個は使い物にならないから、持って行かないけどww
↓これまでに買った扇風機
¥100均一扇風機(うるさくて使えない)
USB扇風機


何度かテントを室内で広げ寝てみましたが、やはり暑すぎで寝られません(´д`)
通気口が反対側にあるとはいえ、テントの出入口がひとつしかなく、熱や湿度が留まってしまうのが原因のようです。
材質的にもビニールハウスのようなものですね、これ・・・

色々考えて思いついたのが、『通気口に換気扇をつけるw』
その為に物色し、購入したのがこれです。
楽天市場で¥693。暑さ対策にどれだけお金かけてるんだよ・・・



すこしデカイ
この商品は本来、首にかけて使う扇風機です。
手前の円状の穴は吸気口で、上に送風口があります。
顔や首筋に涼しい風が来る仕組みですね。

けど、今回はそんな使い方はしませんよwww
テントに換気扇
逆さにして、安全ピンでテントの通気口にぶら下げます。
製作者もこんな使い方するとは思ってもいないでしょうwww

でもこれで、テント内の空気を吸い込んで、外へ排出してくれるはずです。
そして、出入口から新鮮な空気を取り入れてくれるはず・・・
暑い日に窓の外に扇風機を向けると室温が下がるのと同じ発想です。一応ww


内側から
内側から見た状態です。
ここで、問題が発覚。
テント内部にネットがあって、内側から電源ボタン押せないじゃん・・・

面倒だけど、その都度テントの外に出るしかないようです。



そして、スイッチを押してみます。
ポチッとな

『ギュイィィィィーン』
うわっ、微妙にうるさい・・・
ぎりっぎりで寝れるレベルかな・・・?
う~ん・・・虫の音を聞きながら眠りたいのにな(´Д`。)


肝心の風は、換気扇としては最低限出ています。
けど、これって本来の使い方である首にかけた場合、微妙な風しか来なくないかな?
そんな使い方しないから、どうでもいいけどねwww



その後、この換気扇をつけたテントで寝てみました。
付けなかった場合と比べて、湿度がかなり低く、ぐっすり寝られました。

ただ、やっぱり寝るまでに音が気になる・・・
どうしようもない位暑かったら使おう。
USB扇風機と、素敵なうちわがメインかな?
きんぎょ


関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総 索 引 3kaku_s_L.png 2015 春 吉野家築地1号店で50円割引券x2使ってくるツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png 2016 秋 関さば釣ってさばの味噌煮作ってくるツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png 短期ツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png その他
総 索 引 3kaku_s_L.png 2015 春 吉野家築地1号店で50円割引券x2使ってくるツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png 2016 秋 関さば釣ってさばの味噌煮作ってくるツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png 短期ツーリング
総 索 引 3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【もうひとつの電源 2012.05.26(土)】へ  【準備もラストスパート 2012.05.29(火)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。